FXでの取引きのリスク

 FXは、通貨を銘柄にした投資取引であるため、利益を得ることができる反面、損失を被る可能性も存在しています。

例えば、為替相場の変動によるリスクはその典型的な例と言え、こうしたリスクのことを通貨が市場に流れる流動性に起因することから、流動性リスクと呼ぶ事もあります。
FXでは通貨を売買しながらその為替差損益を求めていくために、ある程度の市場の流動性が必要になります。

この流動性により、為替レートの値幅が大きくなれば、その分だけ利益や損失が大きくなりますし、金融ショックのような状態になれば、その変動が急激になるために相場取引のリスクは上昇することになります。
こうしたことにより、たくさんの通貨が市場で取引きされる状態が、相場も安定しかつその変動も生まれやすい、取引きを行いやすい状態になるのですが、市場での取引量が少なくなっている状態は、大きな注文などが入っただけで為替レートが大きく変動したり、取引きが無くなった場合には全くレートが変動しなくなるなど、その予測は難しくなります。

こうしたことは、流通量の少ない通貨での取引きであったり、市場の取引きが行われなくなる時間帯などによく発生することがありますので、こうした状況下では為替レートの変動に注視をしておくことをお勧めします。

この為替相場の急激な変動によって、保持している通貨の大きな含み損が生まれると、FX取引業者がマージンコールやロスカットなどを行う場合があります。

マージンコールとは、取引業者に預けている証拠金に対して、保持通貨の含み損が一定になった場合に通達されるもので、保持している通貨を決裁して解消するか、証拠金に対して追加入金をするかを促され、これ以降の投資に制限がかかけられることになります。

ロスカットは、証拠金に対する含み損が一層進行し、危険な状態になった場合に、取引業者が損失を含んだままで強制的にその通貨を決裁することを言います。
これにより、投資家の損失は証拠金の金額内でおさめられることになり、証拠金を超えた負債追わなくて済むようになっています。

こうしたことにより、為替相場のレートの変動の仕方によっては、様々なリスクがあり、特にロスカットを受けてしまった場合には、借金を負うことはないものの、投資資金の大部分を失うケースが多く、それ以降の投資に大きな影響を与えます。

これ以外では、通貨の金利差であるスワップポイントを利用した長期間のFX取引を行っている場合には、政策金利の見直しなどもよく確認しておかなくては、大きなリスクになるケースがあります。

スワップポイントを求めていくFX取引では、金利の低い通貨を使って金利の高い通貨を買って保持することで、利益を得ることができるようになっています。
しかし、これが逆転し、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買って保持してしまうと、スワップポイントをコストとして支払わなくてはならなくなるのです。

こうしたことから、スワップポイントを求める長期取引では、政策金利の変更をしっかりと確認しておかなくては、日々の時間を使って損失を積み上げていってしまうことがあるために、充分な注意が必要なのです。